WhatWeAre_AAA_4p_Web-1

SILENT MANGA AWARD 2015:サイレントマンガ授賞式 特設ページ

This is a special place holder for our event in Japan. For normal service, click NEWS.

『サイレントマンガオーディション』って?

漫画界の巨匠達が立ち上げた、世界最大規模のコンペティションです。 世界の全ての人たちに、日本の「マンガ」を描く楽しさと、 読者を楽しませる事の喜びを共有することを目的として ここ吉祥寺、じぞうビルから全地球の若いマンガ家志望者たちと共に発信しています。現在、2回の開催を終え、第3回を募集しています。

2014年の入賞作品を纏めた書籍が完成しました。是非、皆様に読んで頂ける事を願っています。

SMAbook2014

『世界がジャパニーズマンガを描いてみた (第2回サイレントマンガオーディション受賞作品)』価格:¥3,456(税込)

サイレントマンガオーディション事務局 (著, その他), コアミックス (編集)

同書の発売日である2015年1月13日、ホテル椿山荘 東京においてサイレントマンガオーディション、上位入賞者10名を招いて、日本にてイベントを開催致しました。当日は、日本のマンガ関係者の多くをお招きして、マンガと音楽のライブパフォーマンスなどを行いました。

イベントの内容レポートなどを、これから随時アップしていきます。

最初に二つのビデオを公開致します。

イベントのオープニングCG映像

 

事務局代表理事、堀江よりシステムの解説

 

今後とも、サイレントマンガオーディションと、応募者たちを応援頂けますよう、深くお願い申しあげます。

 

 

 

「マンガは、映画の絵コンテとなる」
文字に頼ること無く、力強く表現されたマンガ作品は、そのまま映画のストーリーボードとなるはず。
これを実証するべく、初年度受賞作品2作を、2篇のショートムービーとして映像化しました。

http://www.manga-audition.com/silentmovie2014/

どうぞ、原作のマンガと併せてお楽しみ下さい。


『なぜ「サイレント」?』

サイレントの名前の通り、一切の言語を使わずにマンガを描きます。 だからここには「言語の壁」が存在しません!

そして、これは作者の表現力を鍛える上で最適な方法でもあります。 セリフに頼って、表現力不足をごまかす事が出来ないからです。 全てはマンガ本来のパワーである画力のみで勝負!

 

『誰が運営しているの?』

ここ吉祥寺、じぞうビルは月刊コミックゼノンを編集・制作している 株式会社コアミックスと、発行をしている 株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズの本拠地です! 漫画界の巨匠たち、北条司(シティハンター等)、 原哲夫(北斗の拳シリーズ)、次原隆二(よろしくメカドック等)、 堀江信彦(第5代目週刊少年ジャンプ編集長、株式会社コアミックス代表)と 多くのマンガのプロフェッショナル達が運営しています。

彼らは世界中の若い作家たちが、成功するのに必要な逞しい作画力、 それを鍛えるために必要なものが何かを知っています。

 

『世界からの反応は?』

初年度の開催となる2013年では、世界53の国と地域から、514もの作品が寄せられました!これは驚くべき数字と言えます。 26人の受賞者が生まれ、彼らの作品は一冊の本になりました。

その内の8人は、更に日本の商業誌に掲載され反響を呼びました。 これまで日本国外在住者には夢でしか無かった「日本の雑誌への掲載」は、受賞者達に大きな自信を与えました。

 

『これからどうするの?』

2年目の開催、2014年度が3月末に締め切られ、 その反響は初年度を更に上回る物でした! 初夏に、受賞者の発表が行われ、 同時に初年度と合わせて1000を超える全ての応募作が、Webで閲覧可能になります。

 

サイトを見に来てくれて、本当にありがとうございます。

応募された、全ての作品はこちらのページから、見ることが出来ます

http://www.manga-audition.com/worldmap/

是非、ここ吉祥寺に世界から集まった作品達へ、応援よろしくお願いします!

 

#当サイトでは、全てのコンテンツが英語で記載されていますが、ページ左上のGoogle翻訳ウィジェットから、日本語に翻訳して見ることも出来ます!

Screen 2014-05-02 20.57.45

文章が少しおかしな時もありますが、楽しく読んで頂ける事を願っております。ぜひ、他のコンテンツも読んでみて下さい。

 

サイレントマンガオーディション事務局

東京、吉祥寺より


Translate »